プロテイン

【筋トレ】HMBとプロテインを併用!次世代プロテイン「HMBプロテイン18000」を紹介!

筋肉をつけるには、正しいトレーニングと、十分な栄養補給が大切です!

なかなか食事や栄養管理ができなかったり、筋肉がつかなかったりと、そんな悩みをサポートするためにプロテインやサプリメントがあります!

  • 筋肉をつけたい人
  • 普段からスポーツをしたり、ジムに通っている方
  • HMBとプロテインのを飲んでいる方
  • これからHMBも飲もうと思っている方
  • HMBとプロテインを効率よく摂取したい方

今回は上記のような方に向けた内容になっています。

話題のHMBカルシウムを配合したプロテイン「HMBプロテイン18000」のご紹介もします!

HMBは「筋肉分解の抑制」や「筋力増強」の効果が期待できる

近年の筋トレブームで、HMBも注目されています。

HMBの正式名称は「βHydroxy-βMethylButyrate」でその頭文字をとってHMBと呼ばれています。日本語では「3-ヒドロキシイソ吉草酸」と言います。

HMBは筋タンパク合成・分解抑制の役割が有名で筋肉痛の回復を早めてくれるといった効果もあります。

国際スポーツ栄養学会のガイドライン(2013年版)では、以下の4つの効果が示されています。

  • 筋肥大
  • 筋損傷の回復
  • 加齢による筋肉減少の予防
  • 脂肪量の減少

国際スポーツ栄養学会のガイドライン(2013年度・英語版)

HMBとはロイシンの代謝物

そんな効果あるHMBは、アミノ酸「ロイシン」の代謝物です。

HMBは主にロイシンを多く含む肉・魚やHMBサプリメントから摂取することができます。

食事からHMBを摂取できる量は、食事に含まれるロイシンの5%程度となっていて限りなく少ないので、手っ取り早くHMBを摂取するためにサプリメントを飲むのが一般的です。

筋肉増強には、プロテインとHMBを併用しよう

筋肉をつける場合にはHMBだけの摂取では不十分とされています。

効率よく筋肉をつけたければHMBだけではなく、プロテインも併用する必要があります。

プロテインとはタンパク質を摂取するサプリメントです。

タンパク質は筋肉作るための材料となります。

筋肉を大きくしたり、トレーニングで損傷した筋肉を回復させる効果も期待できます。

筋肉は、トレーニングで傷つき、その傷を修復することによって前よりも強くなろうと大きくなります。

筋肉を修復するためにタンパク質が不足していると、筋肉が作られないので、そこを補うのがプロテインです。

HMB-Caを配合した次世代プロテイン

プロテインとHMBを両方飲むのが手間だと感じる方おすすめのプロテインがあります!

それは「HMB PROTEIN 18000」です。

この商品は、優れた吸収率が魅力のホエイプロテインに話題の成分HMBカルシウムを加えたプロテインです。

HMBは安価なサプリメントではありません。

プロテインは飲むけど、HMBには手が出せないという方の味方になります!

HMB PROTEIN 18000なら従来のHMBまでしっかりとカバーできるので、ただのホエイプロテインと比べると少し価格が高いですが、コスパはいい商品だと思います

そして、プロテイン・HMBをこれ1つで一度に摂取できるのも魅力的です!

値段 1袋 ¥6,000 定期購入で初回50%OFF!
2袋 ¥12,000 定期購入で初回50%OFF!
3袋 ¥18,000 定期購入で初回50%OFF!
容量 600g (約15日分)
1食 40g
ホームページ HMB PROTEIN 18000

「HMBプロテイン18000」を見る

HMBプロテイン18000は安心安全の品質

HMBプロテイン18000は品質の安全・安心にもこだわっています!

  • GMP認定基準 取得
  • HACCP 採用
  • 有機JAS認定 取得
  • 放射能検査済み(セシウム・ヨウ素、検出されず)

トップアスリートも応援

販売元のファインスポーツさんはサッカーJ1チームの「湘南ベルマーレ」のオフィシャルパートナーでもあり、一部トップアスリートの方も愛用してます。

まとめ

今回の記事ではHMBについてと、プロテインとの併用について解説しました。

そして、最後にプロテインとHMBを同時に摂取できるプロテイン「HMBプロテイン18000」の紹介をしました!

HMBプロテイン18000は、定期購入でなんと初回半額!

そして、2回目以降のお届けも25%OFFとなっているのでコストパフォーマンスもいい商品です。

きになる方は以下からチェックしてみてください!

単品購入はこちら!(詳しく見る)

お得な定期購入はこちら!(詳しく見る)