iphone

iPhone7 / 7 Plus、新機能まとめ!防水の機能はどれくらい?

ついにアップルがiPhoneの最新モデル、iPhone7・iPhone7 Plusを発表しましたね。防水・防塵機能を搭載、カメラ機能も向上し、iPhone7 Plusのカメラのみデュアルカメラとなったみたいです!容量は32GB、128GB、256GBの3つのラインナップです。

主な機能

イヤフォンジャックの廃止ではないでしょうか。Lightning接続のイヤフォンはついてきますが、イヤフォンジャックを無くすという発想は新しいですね。これを機に、これからはワイヤレスが主流となる時代がいずれ来るでしょう。

ワイヤレスイヤフォンの「AirPods」も発売される予定です。

以下はiPhone7、iPhone7 Plusのスペックです。
グリーンの文字はiPhone6S、iPhone6S Plusとの比較で異なる箇所です。

iPhone7 iPhone7 Plus
カラー ローズゴールド
シルバー
ゴールド
ブラック
ジェットブラック
ローズゴールド
シルバー
ゴールド
ブラック
ジェットブラック
画面サイズ
解像度
1,334 x 750
4.7インチ
326ppi
1,920 x 1,080
5.5インチ
401ppi
3DTouch

高さ
厚み
67.1mm
138.3mm
7.1mm
77.9mm
158.2mm
7.3mm
CPU Apple A10 Fusion
組み込み型
M10モーションコプロセッサ
Apple A10 Fusion
組み込み型
M10モーションコプロセッサ
容量 32GB/128GB/256GB
※ジェットブラックは32GBなし
32GB/128GB/256GB
※ジェットブラックは32GBなし
メインカメラ 1,200万画素
f1.8
最大5倍のデジタルズーム
1,200万画素 広角
1,200万画素 望遠
広角:f1.8 / 望遠:f2.8
2倍の光学ズーム
最大10倍のデジタルズーム
メインカメラ
レンズ
手ぶれ補正機能を使ったLivePhotos
6枚構成レンズ
手ぶれ補正機能を使ったLivePhotos
6枚構成レンズ
インカメラ 700万画素
1080p HDビデオ

f2.2
700万画素
1080p HDビデオ

f2.2
ビデオ撮影 4K撮影(30fps)
1,080p 30fps・60fps
4K撮影(30fps)
1,080p 30fps・60fps
2倍光学ズーム
6倍デジタルズーム
光学手ぶれ補正
顔認識
コネクタ Lightningコネクタ
ヘッドホンジャックなし
Lightningコネクタ
ヘッドホンジャックなし
通信方式 GSM/EDGE
UMTS/HSPA+
DC-HSDPA
CDMA EV-DO Rev. A
VoLTE
NFC
Felica
GSM/EDGE
UMTS/HSPA+
DC-HSDPA
CDMA EV-DO Rev. A
VoLTE
NFC
Felica
キャリア SoftBank
au
docomo
SoftBank
au
docomo
Bluetooth Bluetooth 4.2 Bluetooth 4.2
Touch ID
(指紋認証)

タッチ式に変更

タッチ式に変更
防水・防塵 IP67 IP67

サイズ感は、iPhone 6S、iPhone 6S Plusと同じようです。性能を向上したマイナーチェンジモデルとなります。

iPhone7、iPhone7 Plusカラーラインナップ

カラーラインナップ画像はイメージです。

ローズゴールド、シルバー、ゴールド。そしてスペースグレイはなくなり、ブラックとジェットブラックが新たに追加されました。ジェットブラックに限り、販売は128GBと256GBのモデルのみとなるようです。下記のように注記があります。

ジェットブラックには128GBと256GBのモデルがあります。ジェットブラックのiPhone 7の高光沢仕上げは、精密な9段階の酸化皮膜処理と研磨加工によるものです。表面には酸化皮膜処理された他のApple製品と同等の硬度がありますが、使用とともに光沢に微細な摩耗が生じる場合があります。磨耗が気になる方は、iPhone用のケースを使って表面を保護することをおすすめします。

出典: Apple(日本)「iPhone – モデルを比較する – Apple(日本)」

カメラ機能

今回「iPhone7」でデュアルカメラ(カメラが2つ)が搭載されると予想されていましたが、「iPhone7 Plus」のみの搭載となりました。それぞれのレンズは、広角と望遠となっているそうです。

まずiPhone7/7 Plusともに、メインカメラ(外側のカメラ)の画素数には変更はないが、F値が2.2から1.8となり、最大50%明るく撮影できるようになりました。さらにiPhone6Sのみに搭載されていた、「光学式手ブレ補正」がどちらでも搭載されています。

iPhone7 Plusに搭載されたデュアルカメラは、2つのレンズを利用して2倍の光学ズーム、デジタルズームなら最大10倍までズームすることが可能になりました。

そして、デュアルカメラで一眼レフ並みの写真が撮れると噂されていましたね。Sneak Peak機能というものが搭載され、カメラで「ポートレートモード」を選択して写真を撮ると、手前の人物にピントを合わせ、背景をぼかすことができます。人物を浮き上がれせることで一眼レフ並みの美しい写真が撮れます。

カメラ機能だけでも「iPhone7 Plus」が欲しくなってきますね。

防水・防塵の機能

今までiPhoneになかった防水機能は多くの人が欲しいと強く思っていたでしょう。そして、ついに搭載された「防水・防塵機能」。防水・防塵機能の性能の表記が「IP67」となっています。「67」の数字がそれぞれ防塵等級(=6)防水等級(=7)を表しています。

まず防塵等級1〜6まであり、6等級なので最高クラスとなっています。完全な防塵構造とされるので砂の舞うところでも安心して使えます。

そして、防水等級の方は1〜8まであり、iPhone7/7 Plusの場合はは7等級になっています。7等級は、水面下15cm〜1mに30分間浸しても保護されるとされています。残念ながら最高クラスではないですが、私生活で使う分には問題ないでしょう。雨に濡れたり、誤って水中に落としてしまう程度なら安心ですね。また汚れが気になったら洗うことも可能でしょう。

プールの中や、海の中で使用するといったことは避けたほうが良いかと思います。水濡れによる損傷は保証の対象にならないとのことなので注意です。また、濡れた状態での充電も故障の原因となるので乾かしてから充電するようにしましょう。

イヤホンジャックがない!

iPhone7 / 7 Plusから廃止となりました。そしてLightningコネクタを採用したイヤホンが同梱されます。

iPhoneの充電口に刺して使うことのできるイヤホンです。では、「従来のイヤホンは使えない?!」ということはなく、Lightningコネクタから3.5mmのイヤホンジャックに変換するアダプタもついているので従来のイヤホンも使用することは可能です。

1つ問題があるのは、「イヤホンを使いながら充電ができないのでは」というところです。この問題を解決するにはBluetoothのイヤホンを使いましょう、ということでしょうか。

Appleは完全ワイヤレスのイヤホン「AirPods」の発売も予定しています。ワイヤレスとなると充電しなくてはいけないところがネックですね。

Suicaが使える!

通信方式「Felica」が追加され、Suica対応となりました。Felicaとは、ソニーが開発した非接触型ICカードの技術方式のことです。身近なものでは「Edy」や「nanaco」などに採用されています。

通勤・通学で毎日電車に乗る方には朗報でしょう。財布、スマホケースにSuicaをしまう必要もなく、無くす心配もありません。iPhoneひとつで解決されますね。

容量の選択

2016/09/09:編集

容量の選択について、別の記事でまとめましたのでそちらを参照してください。

iPhone7容量の選び方、「32BG・128GB・256GB」おすすめは?

 

まとめ

様々な機能が向上し、防水機能が搭載され、iPhoneをより楽しむことができますね。逆に、イヤホンジャックが廃止されるなど、不安視される部分などもありますが、デザイン・機能面を考慮した上で検討してみてください。