WEB

Macを一瞬でスリープにする方法!ホットコーナーを設定して効率アップ!

どーも!カズです!

今回は、カーソルを動かすだけで瞬時に特定のアクションを起こすことのできる「ホットコーナー」の設定方法を紹介します!

まだ使ったことがなかった!という人は今すぐ設定しましょう!

カーソルをスッと動かすだけでスリープもできますよ!!

ホットコーナーとは?

画面の四隅にカーソルを持っていくことで特定のアクションを起こす機能です。

上の画像では、カーソルを左下に送ると「Launchpad」を開く設定をしています。

これならDockにアプリを設置していなくても、Launchpadを瞬時に開いてアプリケーションを選択することもできます!

ホットコーナーに登録できる機能は以下の通りです。

  • Mission Control
  • アプリケーションウィンドウ
  • デスクトップ
  • ダッシュボード
  • 通知センター
  • Launchpad
  • スクリーンセーバ
  • スリープ

ホットコーナーに設定できるのは上記の中から、最大4つまでです。



ホットコーナーの設定方法

システム環境設定

まずはシステム環境設定を開いて、

「デスクトップとスクリーンセーバ」または「MissionControl」を開きます。

「デスクトップとスクリーンセーバ」の場合

右下の「ホットコーナー」から設定できます!

「Mission Control」の場合

左下にある「ホットコーナー…」から設定できます!

ホットコーナーの設定

下の画像のように4方向に設定することができるので、選択すれば完了です。

まとめ

僕の場合は

  • 左下にLaunchpad
  • 右上にスリープ
  • 右下に通知センター

を設定しています。

席をはずす時などは、カーソルを右上にスッと持っていくだけで瞬時にスリープすることができます。

また、右下に持っていくことで通知センターを開き、通知の確認や天気予報の確認などをしています。

一番重宝しているのがスリープです。皆さんも「ホットコーナー」を設定して見てくださいね!