ガジェット

MacBookを買う時ににUSB周りの周辺機器も一緒に買うべき!おすすめのUSB変換アダプタ!

どーも!MacBook Proをかれこれ5年以上使っているカズ(@kazuland07)です!

僕はMacBook Pro 2016の13インチを使っています。

購入した当初はUSBハブが Type-Cになったので従来のUSBが使えないじゃないか!!すぐにAppleの変換アダプタを購入しました。

今では色々な変換アダプタが発売されているので簡単にオススメのハブを紹介します!

USB Type-C(USB-C)とは

USB Type-C(USB-C)とは、上下左右の形状がシンメトリーになっていいます。

今までのUSBケーブルは上下が正しい向きでないと挿さりませんでしたが、USB Type-Cではそれが解消されて、向きを気にする必要もなくすんなりと挿すことができるのです!



今までのUSBケーブルを使うために

せっかくMacbookを買ったのにiPhoneを接続しようと思ったらUSBケーブルが挿さらない!!といったことにならないように周辺機器を揃える必要があります。

オススメのUSBハブ

単純に従来のUSBケーブルを繋ぎたい!という人には、「Apple USB-C – USBアダプタ」がオススメです。

僕はあまりUSBを繋ぐことがないのでこれを1つ持っています。

従来のUSBを使うことができるようになる変換アダプタです。

従来のUSBが1つ使えればいいやって人にはオススメです!

小型のハブ

また、最近では小型で価格も比較的安い変換アダプタもあります。

小型のアダプタなら外出時などにも持ち運びやすいですね!

ハブを持ち忘れた時の予備にカバンの小さなポケットにでも入れておくのもいいでしょう!

便利なマルチハブ

人によってはUSBの他にもSDカードやThunderboltが必要な人もいると思います。

そんな人にはマルチハブがオススメです!

このタイプのマルチハブは、MacBookに対してピタッと取り付けることができるのがポイントです。

スマートに取り付けたい方にはオススメですね。

下のやつのように短いケーブルのあるタイプもあります。

まとめ

iPhoneの接続や、USBメモリなどを使ってのデータ転送、その他USBで機器接続をするという使い方をしている方は、特にUSB Type-C(USB-C)の変換アダプタをチェックしておきましょう!

MacBookを購入するときは、必要に応じた周辺機器を一緒に購入するといいですよ!