スポーツ

天皇杯でも採用された新PK方式の「ABBA(アバ)方式」が素晴らしい!先行有利説を解消か?

サッカーでは前後半に分けて試合を行い、それでも決着が決まらない場合は延長戦へ、延長戦勝負がつかない場合はPK戦となります。

そのPK戦で「ABBA(アバ)方式」という新方式が導入されました。

ABBA!?なんじゃそりゃ。

今までのPK戦はAチームとBチームが交互に蹴っていく形式(・・・)でしたが、

ABBA方式は、まず初めにが蹴る→が2回続けてける→そしてが2回続けてける→またが続けて2回蹴る→・・・(→・・・)

というように、最初だけ1回のみでその後から「2回ずつ蹴る」を交互に行なっていく方式で、これが「ABBA方式」です。

天皇杯でも採用された

2018年6月6日に行われた天皇杯第2回戦では、5チームがPK戦を行いました。

モンテディオ山形 VS FC岐阜
ジェフユナイテッド千葉 VS ラインメール青森
松本山雅FC VS ロアッソ熊本
アルビレックス新潟 VS 高知ユナイテッドSC
名古屋グランパス VS 奈良クラブ

[my_link 735]

なぜABBA方式を導入したのか

PK戦では先行が有利というデータがあります。

PK戦を始める際にコイントスを行いトスに勝ったチームが先攻か後攻を選択することができ流のですが、研究によると殆どが勝った場合には先攻を望むということです。

先攻がPKを決めることで後攻に精神的プレッシャーが与えられるなど、パフォーマンスにあきら気に影響を及ぼしていると分析もされています。

このことから先行有利を解消するために導入された、素晴らしい新方式です!国際大会ではすでに導入されている試合もいくつかあります。

「ABBA方式」でのPK戦の結果は?!

先行有利説は解消されているのか?!

天皇杯第2回戦で行われた試合の5試合をまとめてみたのでチェックしてみてください!

5チーム中なんと・・・

[my_link 735]

ABBA方式への反応は?

まとめ

ABBA方式についでお分りいただけたでしょうか!

トーナメント戦などではPK戦も行われる可能性があるので注目してみてみようと思います。新しいPK方式がどのような結果をもたらすかが気になるところです!